スタイルカーテンに関する情報を公開しているサイトです。

スタイルカーテン(シェード編)

インテリアのカーテンの中で、シェードというスタイルカーテンがあります。このシェードとは、機械(メカ)を使って生地を上下に移動させて開閉ができるカーテンのことを言います。

カーテンシェードの種類

【プレーンシェード】

自然なたたみあがりが見た目にもキレイで、生地本来の質感を生かせます。
掃き出し窓・腰高窓によく利用されていて、特に普通のカーテンではスタイルを決めにくい明かり取り用の小窓や出窓まで自然にあわせやすく、窓の大きさや場所を選ばないシンプルなスタイルが魅力です。

【ツインシェード】

カーテンのように1本のレールに生地を2重に吊ることができるタイプです。
2重に吊るせるので、厚いものと薄いものを両方を吊るして、普段は薄いカーテンで、日差しが強いと感じたら集めのカーテンをおろすなんて使い方も出来ます。

【バルーンシェード】

バルーンシェードはその名の通り、風船をイメージして作られたカーテンです。半円状のバルーン(風船)を形成しながら昇降します。
下げたときはただのカーテンにしか見えませんが、引き上げると風船のように丸まって可愛くたたまれます。
生地には薄めの柔らかい物が好まれて使用されています。

【バルーンシェード フラットタイプ】

バルーンシェードのフラット版です。
ヒダがバルーンシェードのように全体に入っていないため、フラットになるとキレイなカーテンの柄を見せてくれます。

【オーストリアンシェード】

オーストリアンシェードは、ヒダが多くて表面が波のようになっているのがかなり特徴的で、窓の大きなに関係なく楽しめるカーテンのタイプです。またデザイン性も高く優雅で美しいシルエットを見せてくれます。
ですが、デザインが特徴的ですので、製作可能の生地が制約されてきてしまいます。

スタイルカーテンとはあまり聞きなれないネーミングと思いますが、スタイルカーテンとは縫製や付属品によって装飾性を高めるために窓の覆い方や納め方を調整したカーテンやシェードなどのことです。
簡単な見分け方とすれば、 左右に開閉するのがカーテンで、上下に昇降させる装置がついているスタイルをシェードと覚えていただければと思います。
こちらのページではスタイルカーテンをご紹介いたします。
スタイルカーテンにすることで、窓辺をより個性的にまた装飾的に演出しますので、窓のタイプやインテリアに合わせて取り入れてみてはどうでしょうか?雰囲気もぐっと変わりますよ
カーテンは次々と新しいスタイルが開発されいます。代表的なものを集めてみました。

代表的なスタイルカーテン

【センタークロス】

インテリアのカーテンでスタイルのデザインの中にセンタークロスというカーテンスタイルがあります。
特徴としては、中央から両端へ流れるゆったりとしたラインがキレイでちょっとしたテラス窓、腰長窓に使用すると美しい仕上がりになるでしょう。
センタークロスのカーテンスタイルは、スタイルを重視して作られていますので、カーテンの機能としては落ちますが、その分デザイン性は大幅に向上しています。

【クロスオーバーカーテン】

文字通り両側のカーテンが中心でクロスしているデザインのカーテンのことをクロスオーバーと言います。
ヨーロッパの雰囲気が漂うカーテンスタイルといえるでしょう。昔のヨーロッパをイメージした映画などでよく見かけるかと思います。

【カフェカーテン】

喫茶店や一般にお家のキッチンの窓などに、幅40cmぐらいのカーテンを棒に通して掛けているのがカフェカーテンになります。また、喫茶店や飲食店の窓の目線を遮るように使われた事からカフェで使われているカーテンということで【カフェカーテン】と呼ばれるようになりました。
現在は、一般住宅のキッチン窓や玄関窓、廊下の小窓などに使われることが多くなってきています。
場所によって、飾り方の工夫がしやすいのもカフェカーテンの特徴とも言えます。しかも、喫茶店で使われているようなレースのカーテンだけでなくドレープ生地のカーテンでも作成ができます。

【スカラップスタイル】

スカラップにはO型、S型、W型があり、裾が綺麗な半円のようになっているのがO型になり、隙間がM字のように見えるのがS型、隙間がWのように見えるのがW型となりますが、その他にもアレンジされたデザインも幾つ存在します。
通常このスカラップは、掃出し窓に使用される事はなく、ほとんどが出窓であったり、腰掛け窓であったりします。その理由はイスに座った目線がちょうどカーテンの隙間の高さになり、景色を伺えることが出来るヨーロッパ的な考えからきています。(考え方がおしゃれですね!)
その為に、プライバシーの保護ではなく、見えるカーテン&見せるカーテンになり、部屋の雰囲気を楽しむためのデザインであると言えるでしょう!

Valuable information

ダイヤ 買取 札幌
おいしいカリフォルニアワイン
ハイパーマーケティングホールディングス株式会社とは

Last update:2017/6/6